乾燥肌を対策しよう|トラブル続きのお肌とグッバイ

女の人

美容成分を角質の奥へ

目を閉じる婦人

硬くなった角質

肌は、外部からの刺激から守るために、角質によって覆われています。角質には、もともとある程度の硬さがあるのですが、肌がダメージを受けると、それがさらにアップします。刺激を防ぐために、よりしっかりと肌を守ろうとするのです。特にニキビができると、この現象が起こりやすくなります。しかしローションなどでニキビケアをしようにも、硬くなった角質によって、ローションの美容成分は弾かれてしまいます。ところがリプロスキンなら、そのような状態になった肌にも浸透していきます。なぜなら角質はたんぱく質でできているのですが、リプロスキンはたんぱく質を溶かすアルカリ成分で作られているからです。溶かすといってもドロドロとした状態になるわけではなく、一時的に柔らかくほぐれる程度です。そしてその間に、美容成分は角質の奥へとどんどん浸透していくのです。

使用を続けることが大事

リプロスキンには、スクワランやアロエベラエキスといった、天然の保湿成分が多く配合されています。ニキビは、肌の乾燥により皮脂が多く分泌されることが原因となっているので、保湿成分を浸透させることは、非常に有効なニキビケアと言えます。つまりリプロスキンを使用していれば、肌が乾燥しにくくなることから、ニキビができにくくなるのです。また、抗炎症成分も配合されているので、それによってもニキビが防がれやすくなります。ただし、使用してからすぐに効果が出てくるわけではありません。肌が、皮脂が多く分泌されない状態に改善されるまでには、数ヶ月ほどかかります。つまりその間は、毎日リプロスキンの使用を続けることが肝心となっているのです。継続的に使用していれば、肌の潤いはもちろん、角質の柔らかさも維持できるようになっていきます。